秋の風物詩 
2012/10/20, 18:06 - 撮影日記

EOS5D MarkIII EF 24-105mm F4L IS USM

秋の丘に出現する豆ニオ。
天日乾燥するために畑に積み上げられたものです。
コンバインで収穫する農家さんが増えているため、年々、数が減っているように感じます。
秋の風物詩であるこの風景は、やがて見られなくなってしまうのかもしれません。

紅葉遅れる 
2012/10/17, 20:07 - 撮影日記

EOS5D MarkIII EF 24-105mm F4L IS USM

十勝岳への登山口、望岳台からの眺め。
例年より10日ほど紅葉が遅れていました。
しかも色づきはイマイチ。
本来は、もう少し紅い葉が見られるはずです。

このカットを撮った2日後の昨日、山には雪が降ったとの便りがありました。
北海道の秋は駆け足で過ぎてゆくのです。

秋の花畑 
2012/9/30, 18:40 - 撮影日記

EOS5D MarkIII EF 24-105mm F4L IS USM

前日までの曇り空が嘘のように晴れた丘。
十勝岳連峰が姿を見せました。
普段は近寄らない四季彩の丘から。

天候下り坂 
2012/9/25, 20:23 - 撮影日記

EOS5D MarkIII EF 24-105mm F4L IS USM

天気が下り坂に向かっているとき、思わぬ朝焼けとなることがあります。

この日もそうでした。
午前5時。
日の出前の東の空が朱色に染まりました。

このあと午前9時ごろには、空は鉛色の雲に覆われてしまいました。

青池 
2012/9/22, 13:20 - 撮影日記

EOS5D MarkIII EF 24-105mm F4L IS USM

最近すっかり有名になった美瑛の青池。
人が多いというので敬遠していたのですが、霧を予想して数年ぶりに訪れました。

手前の白金インフォメーションセンターまでは霧のない状態でしたが、青池周辺は幻想的な情景が広がっていました。

観光で訪れた人たちは、一様に残念そうな様子で眺めていましたが、被写体としては晴れているよりこの方が味わいがあります。

以前は誰もいなくて、静かな環境で独り占めで撮影できたのですが、それも今は昔。
大型バスで、ひっきりなしに大勢の人が来ていました。


戻る 進む