春めいて 
2022/3/15, 17:43 - 撮影日記

EOS5D MarkIV EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM II 宇都宮城址公園

本場の伊豆から遅れること約3週間。
ここ宇都宮でも河津桜が見ごろを迎えつつあります。
平均で五分咲きといったところでしょうか。
開花の早い木はすでに満開近くなっていますが、遅い木はまだ咲き始めなので、しばらくの間楽しめそうです。

冬に咲く 
2022/1/27, 22:24 - 撮影日記

EOS R5 EF 24-105mm F4L IS USM II

冬はどうしても動きが鈍くなります。
ましてコロナウィルスの第6波の真っただ中とあればなおさら。

そうは言っても、自宅に籠りきりでは撮影の感覚も鈍ってしまいます。
最小限かつ人の少ない場所へ向かいました。

宇都宮市北部の羽黒山にあるロウバイ。
今年は開花が例年より早かったようですが、何よりも花の付きが悪いという印象でした。
寒さのせいもあるとは思いますが、おそらくは雨不足が響いているのではないかと感じました。

秋以降、まとまった雨が全く降らない状態が続いています。
これほど降らない冬は、滅多にないでしょう。
降りすぎても降らな過ぎても困るものです。

新年おめでとうございます 
2022/1/1, 07:51 - 雑感

EOS90D EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM II

新しい年が始まりました。

様々な制約が続く世の中ですが、穏やかに暮らせる日々に早く戻ることを願うばかりです。

輝く麦 
2021/12/19, 10:20 - 撮影日記

OLYMPUS PEN F M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3

季節は秋から初冬へ。
1週間ほど前から明らかに空気が変わって冬の訪れを感じます。

毎年この時期になると、麦の新芽が目に付くようになります。
これから厳しい寒さを乗り越えて、来年の初夏に収穫されます。

今朝の宇都宮はマイナス4度まで気温が下がりました。

桜の花は、一定の寒さを経験しないと、春に花を咲かせません。
生き物にとってはつらい季節ですが、爆発するような春の情景のために、しっかり冷える冬が必要なのです。

北九州の夜 
2021/12/1, 08:23 - 撮影日記

EOS90D TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD

新日本三大夜景のひとつ、北九州市の皿倉山からの夜景。
写真の中央には世界遺産に登録されている八幡製鉄所(現:日本製鉄九州製鉄所八幡地区)があります。
国内で有数の工業地帯だけあって、眼下に広がる明かりは見事でした。


戻る 進む